富士山の伏流水で育ったニジマス

100時間以上かけて漬け込み・燻製した『ハンドレッドスモーク』

大量のキレイな水を使い、エサにこだわって育てたニジマスを使用。

一般的な製品は約20時間かけて作るのに対し、当製品は冷燻の中で燻製をかけ100時間以上の手間暇をかけて作っています。

通常の漬け込み液に使用する塩を使用せずに独自配合のスパイスを使用しているため、身崩れがしにくく調理しやすい燻製に仕上がっています。

もちろん、そのままお召し上がりいただいても素材本来の味を楽しめます。

ハンドレッドスモークの楽しみ方いろいろ

スモークの芳醇な香りを楽しむならそのままおつまみで
彩りが鮮やかなのでお料理のアクセントにも

ハンドレッドスモークのこだわり

― 素材 ―

富士山の豊富な湧水で育った3年物の大型のニジマスを生産者から直接買い付けて燻製にしています。水質・エサにこだわったニジマスは、クセのある脂身が少なく、しっかりと肉付きのよいのが特徴です。豊富な水量で育っているので程良く身が引き締まっているので燻製に適しています。

 

― スパイス ―

通常の燻製は塩を使った溶液に漬けこむのに対し、当製品は塩のほかに8種類の独自に配合したスパイスに48時間漬け込みます。水を一切使用しません。ニジマス独特の生臭さを消す効果があるのとともに、身崩れしにくく扱いやすい燻製に仕上げることができます。

― 燻製 ―

漬け込み48時間、低温熟成24時間を2回、その後自家製スモーカーの中で48時間かけて燻製にかけます。固形燃料を使わずに桜のチップを使用しているので香りがよいのが特徴です。すべての工程で100時間以上かけていることから「ハンドレッドスモーク」と名付けました。