富士宮のにじますについて

ニジマスの由来

ニジマス(虹鱒)は、サケ科の淡水業です。元々の原産は、北アメリカやシベリア西部産です。繁殖期のオスの体には、体全体に赤色や紫色の模様があり、綺麗な虹色の発色となるため、「ニジマス」と名付けられました。英名は、文字通り、レインボウトラウト(rainbow trout)です。

養殖の歴史

日本におけるニジマスの養殖は、明治10年(1877年)に、アメリカから一万粒のニジマスの卵を寄贈され、国内で孵化に成功しました。やがて研究も進み、国内で採卵できるようになり、昭和30年代にもなると全国レベルで研究開発がさらに進み、各地で生産されています。

中でも静岡県は国内でもトップクラスの生産量を誇ります。そのトップリーダーのまちとして、富士宮の生産量は随一。富士宮の市の魚にも制定されました。富士山の豊富な湧き水の資源がこれを可能にしているとも言えます。